--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.2914:16

F2の車輪が突然収納=連続2回、全機点検-空自(時事通信)

 航空自衛隊の支援戦闘機F2がエンジンを始動させた際、突然車輪が収納され、機体が尻もちを付くトラブルが2件続き、航空幕僚監部は28日までに、三沢(青森県)、松島(宮城県)、岐阜、築城(福岡県)の4基地に配備されているF2全機について、車輪を動かす機構の点検を始めた。
 空幕によると、最初に車輪が引き込まれたのは、岐阜基地のF2。26日午前8時ごろ、格納庫を出て駐機地区でエンジンを掛けた際、三つの車輪すべてが収納された。
 もう1件は、緊急発進(スクランブル)に備えた「アラート待機」用の三沢基地のF2。27日午前9時45分ごろ、点検のために駐機地区でエンジンを掛けた際、主翼の下にある車輪二つが収納された。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」-東京地裁(時事通信)
<トミカ博>「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)
たちあがれ日本、舛添氏と連携も(スポーツ報知)
福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持-事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
需要予測の統一モデル構築へ=調査手法見直しで検討委-国交省(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。